FC2ブログ
2015年から小樽市民になります。
 
 
 
 
平城京
 
 
【2012/04/14 11:33】
 
 
ほんとに暖かい。
昨日よりもさらに暖かい。

ホテルを新大宮に移し、奈良3日目スタート!

朱雀大路から平城京に入りたかったので、てくてく三条通を歩いて進むことにしました。

途中の川沿いの桜がずらり並んで満開に咲き誇っていて美しい。

イトーヨーカドーを発見!
ちょっと必需品を買おうと入り口に近づくと・・・。

P1260611.jpg

こんなとろろにも鹿さん発見(笑)

奈良ですねぇ。

それからしばらく花見気分で歩いていくと、見えてきました、「朱雀門」。

P1260620.jpg

朱雀大路の両脇に柳の緑が映えて、すがすがしいです。

奈良市民にとって平城京付近の立ち居地といえば、札幌市民にとっての大通公園や、滝野公園、モエレ沼公園といったところでしょうか。
史跡ではありますが、ものすごく広い!
1キロ×1.3キロほどだそう。

施設には観光客、広場には、桜の下でシートをひいて花見をしている人や、散歩をしている人、ウォーキングの集団や、野草つみをしている年配のご夫婦など、老若男女それぞれに楽しんでいる模様。

ここにはボランティアガイドの方がいて、朱雀門で軽くお話をしていたところハプニングが!!!

門の片隅で、人が倒れているのです!

ボランティアや施設の人、私の数名で駆けつけると、お連れの男性がいて、大丈夫といっているのですが、倒れている女性は起き上がれないでいる様子。
どうやら、門を通るときに足元の段差に気づかずつまずいて、顔から転んでしまったよう。
近くに住んでいる年配のご夫婦で、俳句を作るためにお目当ての桜を探して足元を見ていなかったということでした。
ちょっと顔をすりむいていたようですが、俳句も披露してくれて、無事なことが確認できたので、ボランティアさんにお任せし、平城京散策を再開。

東院庭園は池の上に浮かぶ建物と、お庭のつくりが素敵です。
出口付近に小さく根っこのほうが朽ちかけてえぐれている桃の木があったのですが、かわいらしく花をつけていました。
しばらく眺めていると、掃除をしていたおじさんが、「自分が働き始めた5年前からこの状態だけど、毎年きれいに咲いてくれるんだよ」と教えてくれました。

P1260634.jpg

近くに見事な桃の木がありましたが、なんだかひっそり咲いているこの木に心惹かれます。

次に遺構展示館。
ここは中庭にある見事な桜が印象的。

P1260641.jpg

そして大極殿へ。
大極殿から見る広場は、なにもないけれど、1300年まえに、こにで行われた儀式や生活を思い描くと、なんともいえない気持ちになりました。

大極殿からのながめ。
(こんなに広いのに、平城京のほんの一角です)

P1260645 - コピー

最後に資料館に立ち寄りました。
奈良時代の生活様式などがお勉強できる施設です。
入り口付近の床一面が平城京の大きな航空写真になっているので、あれこれ探して楽しめます。
(一人でじっくり覘いていると、ちょっと怪しまれますが・・・笑)

中に休憩所があったので座っていると、三重からいらしたという年配のご夫婦に会いました。
しばし歓談していると、朱雀門であったボランティアガイドのおじさんと再開!
けが人は無事だったと教えてくれ、挨拶を交わしてお別れしました。
前に来たときにも思ったけれど、ボランティアガイドさんたちはとても親切で気持ちよく対応してくれるので、時間があったらお願いすると良いと思います。

のんびりしてたらもう13時!

今日はまだほかに回りたいところがあるのだ!

と、すきっ腹を抱えつつ、大和西大寺の駅へ向かうのでした・・・。

つづく・・・。








スポンサーサイト




 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://hitsuji1500.blog112.fc2.com/tb.php/29-c650f55f

まとめteみた.【平城京】
まとめwoネタ速suru【2012/04/14 11:52】 ほんとに暖かい。昨日よりもさらに暖かい。ホテルを新大宮に移し、奈良3日目スタート!朱雀大路から平城京に入りたかったので、てくてく三条通を歩いて進むことにしました。途中の川沿奈良ですねぇ。それからしばらく花見気分で歩いていくと、見えてきました、「朱雀門」?...
 
 
 
▲TOP