FC2ブログ
2015年から小樽市民になります。
 
 
 
 
今年最後
 
 
【2012/11/07 07:53】
 
 
自転車屋さんの今年最後のサイクリングは、洞爺湖一周。

小樽を出発するときは、波が荒れてて、雨も降ってて、今回は参加者全員がバスで移動する珍しいイベントでした。
121104_074706.jpg

ほんとに走れるのかな?

今年の春のサイクリングでも走った場所。
春にはきれいな桜が満開の状態で、とっても気持ちよかったなぁ。

みんなでおしゃべりしながら進むこと2時間半。
(稲穂峠を通って、ちょっと遠回りしました)
どうやら、洞爺湖周辺は晴れている模様。
到着すると、道路も乾いていて、日差しもあり、強風以外はサイクリング日和!

さすが、洞爺湖。
春と初冬は堅いね!

みんなでわいわい準備しつつ、出発!
朝里のサイクリングの良いところは(悪いところ?)、帰りの出発時間が決まっているだけで、あとはみな、好きなペースでそれぞれ走っていること。
みんな集団で走ることなど、めったにありません。

今回もあっという間に、早いチームは見えなくなり、私はというと、スタート時から「今日は後ろについていきます」と宣言した、優しいおじさまと走りました

今回は、私にしては速いペース!

やっぱり、一定のペースで引いてくれる方がいると大違い!!
頼もしい背中にくっついて、中間地点まで到着。

すると、なにやら、虹が出ている模様。
121104_114627.jpg

おじさまと初参加の方と写真を撮りながら、しばし休憩。
最初、ちょっと調子悪かったけれど、どうやら回復してきました。
割と足も回るし・・・。

でも、ここからが、若干高低差の多くなるコース。

大丈夫かなぁ・・・。

と思いつつ、再びスタート。
先行している人たちも見えず、後ろを走っているであろう、クロスバイク、マウンテン等のチームも見えず、3人で進んでいくと・・・。

後ろから、すごい勢いですり抜けていくライダーが!!

「先生」じゃん!

私たちに振り返りもせず、走り抜けていきました。

そうね、今日は塾生はそれぞれ走っているから、先生はフリーなのね。
後姿が生き生きしています

坂が始まるちょっと手前の左折ポイントに差し掛かったところで、仲間の一人を発見。

どうしたの?

自転車から降りている彼に近寄っていくと、どうやらパンクの模様。
なんだか最近パンクが多発しているようです。
おじさまと彼とでちょっと修理していましたが、どうやら完治は無理らしく、だましだまし最後まで乗るしかないとの結論に至り、4人で走り出しました。

少し休んだから、いけるかなあーと思った矢先、やはり上りで遅れだします。
「先に行ってくださいーっ」と、泣き言を言っていると、やさしいおじさまはペースを落として、私のスピードに合わせてくれました。
おかげで、無理しすぎずに後半も走ることができて、ゴールのいこいの湯に着いたときには、先行していた人たちに、「早かったねー」っと、ほめられました

珍しく、ゆっくり温泉に入ることができまして、気持ちよく今年最後のイベントを終了。

と思いつつ、帰りのバスの、今年最後の大宴会

油断しました。

最近は、そこそこ飲んでいたので、大丈夫かと思いながら、しぶしぶバスの後ろの「地獄」と呼ばれる席に座ってみると・・・。

そこは本当に恐るべき空間。

たいして飲んでもいないのに、バスの揺れと、底なしの酒飲みチームの勢いで、なんだかわけのわからない状態になっていて、途中から、記憶もあいまいになってしまいました・・・。

誰かに絡んでなきゃ良いけどな・・・。

後日談がちょっと怖いひつじなのであります

※女子会での私の案件、ちょっとずつだけど、頑張ってすすめてます
なんか、違う方向に行ってしまいそうな気もするけれど、とりあえず、できることだけは努力していこうと思います。










スポンサーサイト



 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
石狩散策
 
 
【2012/10/22 19:15】
 
 
日曜日は、石狩散策、別名ただの「小樽ビール飲み会」でした。

朝8時半に朝里を出発して、軽く石狩まで走り、12時半に銭函の小樽ビールに集合すればよし。

その後は、工場見学という名の「飲み会」というイベントです

小樽は夜中に雷と雨が大変だったらしい・・・。

札幌は全然わかんなかったけどねぇ

朝には晴れ間も見えて、走れそう

でも・・・。

寒いっ

もう、震えるほど寒いの。

ある程度予想して、ウィンドブレーカー+指つきグローブにしたけれど、寒すぎです!

おまけに強風。

行きの追い風はこの上なく楽でしたが、石狩に入った頃には、目の前の空にびっしりの雲が・・・。

大きな粒が降ってきて、よくよく見るとみぞれ?

もう、冬ですね。

佐藤水産にほぼメンバーが集まっていたので、一人旅にて向かいます。

幸いにも、大雨にはならず、無事に合流。

今日は飲み会がメイン?なので、割と皆さんやる気なし

しかし、そこは女性の一言がものをいいます。

自転車歴の長い、素敵な女性の「もうちょっと走りたいな」で、男性陣は全員出発することに

帰りはもちろん、「超向かい風」!

短いのもわかってるし、男性陣がカバーしてくれるので、何とかついていこうと思うのですが、やはりちぎれて一人旅。

途中に数名、優しく引いてくれる紳士がいてくれたおかげで、何とか目的地に到着することができました!

と、ここから参加の「第2部組」がいて、しかも、「エース」まで第2部からですか?!

ここからは、自転車乗らなかったのー?!というかたも、数名いらっしゃる、ただの「飲み会」です。

今年あと1回のサイクリングを残し、思う存分飲んでしまおうというイベント。

飲んで食べて、笑って笑って、さあ終了!

と、思いきや、わたくしちょっと気分よく酔ってしまい、途中札幌市内のJRでおろしてもらうはずが、「小樽までいきまーす」といってしまいました。

ちょっとドライブ気分で、小樽から帰るはずが・・・。

え、ここから2次会ですか?

小樽駅に向かうのではないのですか?

朝里に戻ったら快速列車ないよ?

という具合に、拉致されたほか数名と夜9時までの宴会となりました

罰ゲーム?








 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
すっかり秋ですね
 
 
【2012/10/20 19:48】
 
 
今週水曜日に、天気予報をにらみながら、サイクリングをしてきました。

秋のにあたると、取り返しの付かないことになるので、短いコースを走ることになりました。

いつもの先生と、私。

そして、社長と奥様。

いつものなれたコースなので、坂以外は順調にみんなについていくことができました。

前に来たときには桜が咲いていたのに、もう木枯らしのシーズン。

さみしいなぁ・・・。

と、そこへ
121017_121903.jpg

また、今年もお会いしましたねぇ~。

しかも、同じ場所で。

相変わらずの、威嚇体勢です。

121017_121915.jpg
この日の洞爺湖はくもり。
お昼すぎに一周し終えて戻るまで、雨も降らずに順調でした!
(その後、大雨に当たりますが・・・

やっぱり、一人で走るより、みんないるほうが数倍楽しくて走りやすいのです。
たとえ、置いていかれてもね。

お天気はあいにくの下り坂になった一日でしたが、毎回恒例の、小樽ワインのソフトクリームで締めて、満足な一日となりました!

※ソフトクリームはほんとに美味しいです!
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
さぼってます。
 
 
【2012/10/09 08:25】
 
 
あんなに(自分なりに)更新していたブログも、気づけば一ヶ月お休み。

ちょっと、仕事でばたばたしてたからなぁ・・・。

でも、今が一番忙しいんだけど

そんな中でも、恒例のサイクリングにはちゃんと参加してまいりました

今回は羊蹄山一周だよ

秋晴れの連休中日のニセコ付近は爽快です!

でも、もう肌寒くってすっかり秋なんですね

しばらくお休みしていたから、カラダもすっかり元通り

今回はのんびりな雰囲気のメンバーだったので、秋を満喫しながら走れてよかったかな?

今年は暖かい日が続いたので、紅葉はまだ始まっていない感じ。

羊蹄山だけは半分色づいていました。
121007_152349.jpg

今日はお友達の誕生日だったり、もうすぐ生まれてくる赤ちゃんが待ち遠しかったり、海がきれいだったり、ちょっとした笑顔が嬉しかったり(ニッカのリンゴワインが美味しかったり)。

小さな幸せを見つけるのが得意技。

最近、またその調子が戻ってきて、嬉しく思ってます
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
久しぶりに走りました
 
 
【2012/08/14 20:16】
 
 
お盆前の平日。
夏の盛りだというのに、朝晩はまるで秋のような涼しさを感じるようになりました。

久しぶりに先生とサイクリングしようということになりました。
最高気温予想28度。
薄曇り。
これは走りやすそうです。

行き先を決めずに、とりあえず朝里に集合しましたが、近場で走りやすいコースといえば、そう。

ニセコ

倶知安から羊蹄山をぐるっと一周コースです。
毎度のコースながら、先生は少しずつ道を変える模様。
とりあえず、70キロくらいらしい。

倶知安に到着すると、どんよりと厚い雲から日差しがところどころ覗いていました

120809_091856.jpg

羊蹄山も見え隠れ
こんな日は意外と日焼けするかもね~と思いながらも、半袖とひざ上のレーパンでスタート!

何回か走っている道なので、力の配分をする余裕があり、前半のニセコの道の駅まではスムーズにひた走ります。
道の駅で少し休憩を挟み、真狩村へ突入。
途中、ダチョウを見ながら真狩の道の駅に到着。
さすがに走っていると暑くなってきて、こまめに給水をしなければなりません

30キロくらい走ったところで、少し疲労感が出てきました。
そしても出てきました。

真狩からはゆるいのぼりがずーっと続き、留寿都村へ。
途中まで頑張って先生の後ろにつくものの、持続できず、いつもの一人旅&10キロ以下のペーストなりました

留寿都の消防署で左折し、京極町へ向けてまたダラダラと上ります。
右手の山頂付近ではパラグライダーを楽しむ人たちが、ふわふわと浮いておりました。

わたくし、高所恐怖症ですが、あんなになってしまえばどうでもよくなるのでしょうか?
ちなみに、テレビ塔のエレベーターは非常に怖いです。
スカイツリーも下からで十分!

そんなことを考えながら、ひたすら上っていきます。
「1キロくらいのぼりが続くよ」と先生が言いました。

本当ですか
先生の「~くらい」は当てにならないもんね~。

なんとか上りきる頃には、日差しが強くなってき始めました。
「ウォーン」とお昼のサイレンがなり、どこか遠くで「赤い靴」のメロディーが流れ始めました。

何で?

こんなに景色が良くて大自然なのに、なぜに寂しげな「赤い靴」???

・・・と思っているうちに、真狩村に再度突入!!
ここまでくると、若干の高低差しかなくなるので、なんとか先生の後ろについていくことに。
車通りも少なくて快適です。

そして京極の道の駅に到着。
ここまで約60キロ。
やっぱりお腹がすいてきました。
暑くてアイスぐらいしかのどを通らないと思っていましたが、すかさず先生に「アイスじゃ全然もたいない」とご指導を受け、無理やりえびコロッケを頂きました。

でも、美味しかった

この先どうする?と走り足りなさそうな先生でしたが、「夜は予定があるのでもう無理です」と延長コースを丁寧にお断りし、スタート地点の倶知安に向かうことに。

ところがっ!

なんと、いつも通っている道が、なんとなんと、まさかの「通行止め」

もう疲労しているのと、精神的ダメージとで、またまた10キロ以下に・・・。

そして、絶壁の上りが一ヶ所待ち受けているのです。
もう、泣きそう・・・。

でも、上らなきゃ帰れません!
頑張れ私!!

やっとの思いで上りきったところで、

「こんにちはー!」と、

後ろからやってきたランドナーの若者男子3人組みに易々と抜かれてしまいました。
あんなにいっぱい荷物を積み込んでいるコたちに負けてしまうなんて・・・。
とほほ。

そんな哀愁を感じつつ、何とかゴール!

いつもよりも早く着いたので、本日の温泉は1時間くらいかけて、定山渓の「豊平峡温泉」へ。
ここの露天風呂はめちゃめちゃぬるいので、長湯をしたい方にはうってつけです。
(虫が気にならなければね~)

古くからある温泉で、源泉掛け流し。
内風呂の床の湯の華も相当なもので、かなり趣があります。
一切、近代的な感じではありませんが、とても好きな温泉です。
そして、ここには名物が。

それは「カレー」。

本格的なナンカレーが楽しめます。
種類もいっぱい!
120809_172102.jpg

私はチキン、先生はシーフード。
美味しいルーカレーでした。

満足満足。

結局、信じられないほど日焼けしたけどね~。
皆さん、ご注意あれ。






 
 
 
▲TOP